2014年03月06日

エコバッグって・・・

とてもご無沙汰な記事です。
今更ながらエコバッグって・・・と思ってしまいますが、やはりバッグ=エコという視点にたって、当ブログを継続していこうと思います。

色々なデバイスが世の中に出てきて、生活スタイルの変化に応じたバッグも登場してきています。
現代人の必需品ともいうべきバッグ。

今後の変化も追っていきたいと思います。
タグ:エコバッグ
posted by ecobag-jp at 15:18| Comment(0) | エコバッグなコラム

2010年02月03日

レジ袋についての海外事情

先日の記事の通り、日本でエコバッグが普及したのはここ3年間くらいのお話。
さて海外ではどうなんだろうと調べていたところ、こんなページを見つけました。

レジ袋についての豆知識 (「セリア(Seria)」のページへリンク)

こちらは100円ショップの「セリアSeria)」の「エコバッグ運動」ページ内の記事で
海外ではノーレジ袋はあたりまえ」とタイトルがつけられています。

アイルランド
・レジ袋に課税、税額はレジ袋1枚につき15セント(約20円)。
・税に反対していた国民も実施後は協力し、レジ袋の93%を削減。

ドイツ
・環境先進国であり国民の意識がもともと高く、有料は当然でレジ袋は例外的にしか使われない。
・レジ袋1枚15セント(約20円)。

韓国
・法律で原則レジ袋を禁止。有料での販売は認めています。深刻なゴミ問題が背景にあります。
・法律で33m2以上の店舗は有料化。
・1枚50ウォン(約5円)。
・61.6%のレジ袋が削減。

台湾
・法律で複数店舗有する法人のみ有料化。
・マイバッグ持参率、スーパーマーケットで約80%。
・レジ袋1枚小1元、大2元(約3.5円〜7円)
・法律で0.06mm未満の厚さのものは使用不可、0.06mm以上のものは無料で提供してはならないと定められている。0.06mm未満の厚さのものが使用不可なのは、再利用するため。
・67.91%のレジ袋が削減。

法律で決められているということに驚きです!

ちなみにこのセリアのページですが、商品の説明などもあって
エコバッグがわかりやすく説明されています。
ですがこれだけの商品が100円で買えるとなると、結局使い捨て⇒レジ袋使い捨てと
何の違いがあるのかという疑問も湧いてきたりもします涙

さて、この記事は「引用:環境省ホームページ」とあるのですが、
この膨大なページのいったいどこにあるのか見つけられませんでしたたじたじ

もし日本でもエコバッグ運動の推進を国を挙げて進めるのであれば、
一発でエコバッグ関連記事にリンクできるバナー作成をぜひお願いしたいところです。


ー★ー★ー★ー
ミニ盆栽盆栽グリーンギフトの「BONSAI 苔仙
無地Tシャツ激安通販販売の「Tシャツ.CO.JP
オリジナルTシャツプリントTシャツ作成は「Tシャツ制作ファクトリー
スウェットパーカーなど、オリジナルの総合ウェア製作は「Garakutas Custom Wear Service
posted by ecobag-jp at 13:46| Comment(0) | エコバッグなコラム

2010年01月19日

マイバッグのトレンドについて

そもそも、マイバッグって、いつ頃から、
一家に一袋?以上の存在になったのか?
なんて事を疑問に思ってみたので、
ちょっと調べてみると、

(Google トレンドより)

見てみると、3年前に急上昇!!
なんて思えば、3年前頃だったのかもしれない。
いや、もう少し前か?
あのシンプルな袋たちがうちにもやってきたのは。
その前には、<マイ箸>
なんてものもちょっぴりはやったけれど、
マイバッグほど浸透することはないように思うのだけど。
なぜにこれほどまでにみんなが持つようになったのか、
って考えると、
やっぱりマイバッグ持ってお買い物すると、
2円引きってとこなのでしょうか?
毎日、マイバッグでお買い物をすれば、
365日×2円で、730円也。


ー★ー★ー★ー
ミニ盆栽盆栽グリーンギフトの「BONSAI 苔仙
無地Tシャツ激安通販販売の「Tシャツ.CO.JP
オリジナルTシャツプリントTシャツ作成は「Tシャツ制作ファクトリー
スウェットパーカーなど、オリジナルの総合ウェア製作は「Garakutas Custom Wear Service
posted by ecobag-jp at 16:09| Comment(0) | エコバッグなコラム