2010年03月29日

紙人形劇を上演、ごみ減量訴える

精華町の住民や企業などでつくる「精華町環境ネットワーク会議」のごみ問題部会が、資源の大切さやごみの減量を訴えるペープサート(紙人形劇)を作った。これまで4回上演したが好評で、子育てサークルの代表者会議でも上演し、活動をアピールした。
メンバーは「劇を通じて環境への関心を高めたい」と張り切っている。

 劇は、母と子が弁当やペットボトル飲料を買い、レジ袋に入れて公園に遊びに行くと「もったいないおばけ」に追いかけられる。そこに「エコレンジャー」が現れ、おばけを追い払い、「地球を守るために頑張ろう」と、マイバッグや水筒などの使用を呼びかける。

 メンバーの岩崎冨江さん(72)=光台=は「小さな子どもたちにも喜んでもらえた。依頼があれば、どんどん出かけて上演したい」と話している。


子供たちが、マイバッグや水筒を持つことで、
地球を守ってるという気持ちになれたら、なんかすごいと思います。




京都新聞へリンク

ー★ー★ー★ー
ミニ盆栽盆栽グリーンギフトの「BONSAI 苔仙
無地Tシャツ激安通販販売の「Tシャツ.CO.JP
オリジナルTシャツプリントTシャツ作成は「Tシャツ制作ファクトリー
スウェットパーカーなど、オリジナルの総合ウェア製作は「Garakutas Custom Wear Service
posted by ecobag-jp at 16:04| Comment(0) | エコバッグのニュース

2010年03月10日

これぞ、マイバッグ

自然と触れ合い学ぶ宮城県大崎市古川の市民団体「大崎自然界部」は、活動資金調達のため中古の米袋を素材に「米(まい)バッグ」を考案しました。東京・東池袋の県のアンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」で10日から1カ月間テスト販売します。若見朝子部長らは大崎発のユニーク・エコバッグへの好反応を期待している。

「米バッグ」は容量30キロの中古米袋を裁断し、ジーンズの余り布などの取っ手を付けた丈夫な作り。市内の知的障害者更生施設「あやめ学園」に製作を委託し、リサイクルと福祉の二つの視点を持ったエコバッグとして仙台市などで好調な売れ行きを見せている。

自然界部は、使用した米袋のしわをそのままにした「米バッグ」は究極のエコバッグとして都会で受ける斬新さがあると判断し東京でのテスト販売に踏み切る。県内と同様、700円と1500円の2種類のバッグを販売する。テスト販売の反応がよければ、「エコな宮城」を売り込む常置品となるとのこと。

お店で買うお米は、だいたいビニールに入っているので、なかなか紙のお米袋に出会うことがありませんが、確かにお米の袋って、丈夫。
外国でうけそう〜。
米バッグ イズ マイバッグ!!



毎日jp 掘り出しニュースへリンク



ー★ー★ー★ー
ミニ盆栽盆栽グリーンギフトの「BONSAI 苔仙
無地Tシャツ激安通販販売の「Tシャツ.CO.JP
オリジナルTシャツプリントTシャツ作成は「Tシャツ制作ファクトリー
スウェットパーカーなど、オリジナルの総合ウェア製作は「Garakutas Custom Wear Service
posted by ecobag-jp at 15:54| Comment(0) | エコバッグの商品

2010年03月04日

ゆるキャラ<ろぺてぃ>

商店街の活性化をテーマとした総合学習授業の一環で、富士市富士本町商店街のゆるキャラ「ろぺてぃ」考案などに携わった市立富士第一小6年1組の児童34人が1日、集大成に同商店街でゆるキャラグッズの販売体験を行ったそうです。

<ろぺてぃ>とは、市の特産である、ローズ(バラ)、ペーパー(紙)、ティー(お茶)を身に着けた招き猫ポーズのキャラクター。昨年秋に完成した。これまでに「ろぺてぃ」のエコバッグやマグカップなどを商品化してきた。

同日は商店街の空き店舗を使い、エコバッグやマグカップ、オリジナルトイレットペーパーを販売。茶や児童の手作りクッキーの試飲・試食や、1年間の活動内容を紹介したペープサート(紙人形劇)、掲示物の展示もを行った。

マグカップ20個完売、エコバッグ100個、トイレットペーパー120個もほぼ売り切れという成果に
「子供たちのアイデアや活気が良い刺激になった。今後も協力して活性化を進めたい」と話したそうです。

ろぺてぃのエコバッグを見たかった〜。



静岡新聞へリンク

ー★ー★ー★ー
ミニ盆栽盆栽グリーンギフトの「BONSAI 苔仙
無地Tシャツ激安通販販売の「Tシャツ.CO.JP
オリジナルTシャツプリントTシャツ作成は「Tシャツ制作ファクトリー
スウェットパーカーなど、オリジナルの総合ウェア製作は「Garakutas Custom Wear Service
posted by ecobag-jp at 15:56| Comment(0) | エコバッグのニュース