2010年01月28日

ながらエコバッグ登場か

杉並区の試みは、すごいと思う。

 増加傾向にあるひったくり犯罪を防ごうと、杉並区にひったくりに遭いにくいおしゃれバッグが登場しました。
 ひったくり防止用の「すぎなみバッグ」は、一見普通のエコバッグにも見えますが、ひったくり防止に役立つ「とられにくい仕掛け」があります。バッグの特徴は手を掛けられるポケットがあること、バッグの底にベルト通しがあるので手全体でバッグを包み込むことができることなどです。ほかにもバッグのひもをまとめられるホルダーや、ショルダーバッグとしても使用できるよう長いベルトが付いています。ひったくりの被害はその9割が女性だそうです。そこで区の女性6人がプロジェクトに加わりバッグを作成しました。女性ならではの目線でシンプルかつカラフルに仕上げました。区の担当者は「バッグの下に、杉の木とnamiの文字を入れ“杉並”としたので、(区のイメージキャラクターの)“なみすけ”はあえてここには登場していません。区役所が作ったんだなという感じではなく、おしゃれな感じで仕上げた」と話しています。
 すぎなみバッグは2月1日から区役所で販売されます。

ということで、地球を守りながら、自分を守る、ながらエコバッグ。
今後どんな、ながらエコバッグが登場するか、いやもう登場しないのか、
わかりませんが、楽しみにしたいところです。





杉並区 ひったくり防止バッグ登場!へ
(MX NEWSへリンク)


ー★ー★ー★ー
ミニ盆栽盆栽グリーンギフトの「BONSAI 苔仙
無地Tシャツ激安通販販売の「Tシャツ.CO.JP
オリジナルTシャツプリントTシャツ作成は「Tシャツ制作ファクトリー
スウェットパーカーなど、オリジナルの総合ウェア製作は「Garakutas Custom Wear Service
posted by ecobag-jp at 15:21| Comment(0) | エコバッグのニュース

2010年01月19日

マイバッグのトレンドについて

そもそも、マイバッグって、いつ頃から、
一家に一袋?以上の存在になったのか?
なんて事を疑問に思ってみたので、
ちょっと調べてみると、

(Google トレンドより)

見てみると、3年前に急上昇!!
なんて思えば、3年前頃だったのかもしれない。
いや、もう少し前か?
あのシンプルな袋たちがうちにもやってきたのは。
その前には、<マイ箸>
なんてものもちょっぴりはやったけれど、
マイバッグほど浸透することはないように思うのだけど。
なぜにこれほどまでにみんなが持つようになったのか、
って考えると、
やっぱりマイバッグ持ってお買い物すると、
2円引きってとこなのでしょうか?
毎日、マイバッグでお買い物をすれば、
365日×2円で、730円也。


ー★ー★ー★ー
ミニ盆栽盆栽グリーンギフトの「BONSAI 苔仙
無地Tシャツ激安通販販売の「Tシャツ.CO.JP
オリジナルTシャツプリントTシャツ作成は「Tシャツ制作ファクトリー
スウェットパーカーなど、オリジナルの総合ウェア製作は「Garakutas Custom Wear Service
posted by ecobag-jp at 16:09| Comment(0) | エコバッグなコラム

2010年01月18日

お茶殻がマイバッグに

 44年前に国内で初めてポケットティッシュ製造機を始めた販売促進用品メーカーの内田紙工(香川県丸亀市)が、消臭・抗菌作用のある茶殻を配合した商品の製造・販売に力を入れている。

伊藤園のペットボトル入り茶系飲料「お〜いお茶」の製造過程で排出された茶殻を再利用し、お茶の香りのするキッチンペーパーやあぶらとり紙などの身の回り品に生まれ変わらせている。

内田紙工では、茶殻入りのキッチンペーパーやあぶらとり紙、マイバッグ、インソール(靴の中敷き)などをすでに商品化。内田浩二社長は「茶殻を利用することでこれまで使用していた原料の削減につながり、環境に優しい」と語る。



http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100106/biz1001062225022-n1.htm(産経ニュースへリンク)

産業廃棄が問題になっている昨今、こういう取り組みはとても意味がありますね。
自分たちの身近な業界でも再利用できるものがあるかもしれません。
そういった視点を持つことがチェンジの第一歩だと感じます。


ー★ー★ー★ー
ミニ盆栽盆栽グリーンギフトの「BONSAI 苔仙
無地Tシャツ激安通販販売の「Tシャツ.CO.JP
オリジナルTシャツプリントTシャツ作成は「Tシャツ制作ファクトリー
スウェットパーカーなど、オリジナルの総合ウェア製作は「Garakutas Custom Wear Service
posted by ecobag-jp at 16:20| Comment(0) | エコバッグの商品